中年男性の白髪は、素敵な紳士のアイテムです。

男性の白髪は、よく中高年に見かけますが、私は全く気になりません。

いえむしろ、ダンディでカッコいいと思います。

同じ白髪でも、女性の場合は生活感がにじみ出て、どことなくやつれて見えます。

しかし男性は年相応の風格が出て、黒髪よりも好印象を与えるのです。

それは髪の長さにあると思います。

なので男性も、女性のように髪を長くしている場合、白髪頭は貧乏くさく見えるので、その時は染めた方が良いです。

そもそも白髪になると、どうしても髪がぱさついたり、うねったりするので、長い髪はお勧めできません。

やはり白髪は短髪が基本です。そして小ざっぱりしていることが重要です。

若く見せようと下黒く染めるとべたっと重苦しい印象になりますし、かといって茶色に染めると胡散臭い印象になります。どちらも違和感たっぷりです。

やはり年齢を考えると、白髪の方が自然でしょう。

個人的には、頭をきっちりセットし、ぴしっとスーツを着こなした白髪の男性はものすごくタイプです。それだけで仕事が出来て、頼りがいのあるように見えます。

中年男性の白髪は、それだけで男性としての株を上げてくれる、とても重要なアイテムです。

白髪頭を誇りにして、堂々と街を闊歩していただきたいものです。