身だしなみが整っていれば白髪はマイナスポイントではない

一口に白髪頭といっても、状態によって印象はガラリと変わりますよね。

40代で少しだけ白髪が出てきているのは珍しいものではありませんので、特別何とも思いません。

全体的にムラなく、黒髪と半々くらいで白髪になっている方の場合は、ちょっと貫録を感じて頼りがいのある人という印象をになり、コメカミだけ集中して白髪になっている場合は、ちょっとお洒落な印象を受けます。

もちろん身だしなみも重要ですよ。

アイロンの掛かっていないようなヨレヨレの服を着てる方の場合では、手入れをしていない、だらしない印象を受けてしまいますし、骨と皮だけのような明らかに痩せすぎの方の場合は、栄養状態を心配してしまいます。

逆に超メタボ体型の方の場合は、どこか体が悪いのではないかと思ってしまいます。

ボサボサの洗いざらしの髪や、中途半端に伸ばした髪というのもあまり好印象はありませんね。

細身からやや小太りくらいで、身だしなみが整っている方の場合では、白髪はマイナスポイントにはなりません。

明らかに染めましたというような不自然な黒髪や染めムラ、伸びて根元だけ白髪になっているよりも、なにもしないほうが自然な感じがあり、親しみやすい印象を受けます。

ダークブラウンやダークグレーで薄っすらと染めているかたは、お洒落で清潔感があるような印象を受けるので、好感度も高いですね。