ハイキングの時の膝への負担を軽くするために

ハイキングを行う前に、十分な柔軟体操を行うことが大切です。

また普段運動不足ぎみの人は無理をせずに、短い距離のハイキングから始めると良いでしょう。

できれば、普段から散歩やウォーキングなど、歩くことを頻繁に行っていた方が望ましいです。
脚力はすぐに付くものではありませんし、最初は筋肉痛になるかもしれません。

そのため、運動をあまり行っていない人が、いきなり健康のためとはいえ、ハイキングを行うのはあまりお勧めできません。

ハイキングは予想以上に膝を使うので、どうしても膝への負担が大きくなってしまいます。

あらかじめ膝用のサポーターを付けておくと、かなり膝への負担が軽くなります。

また、こまめに休息を取り、膝を休ませてあげることも大切です。
膝の負担を軽くしてあげたほうが、膝が痛くなるリスクを防ぎやすくなります。

さらに、膝への負担をなるべく軽くできるようなクッション性のある靴を履くと良いでしょう。

足の裏は全身の体重を受ける場所でもありますので、特に靴選びには気を使いたいものです。

また、どんなに注意をしていても、ハイキングの途中で膝が痛くなってしまうことがあります。

湿布など応急措置ができるものを必ず持参するようにしましょう。
無理だと思ったら早めに、ハイキングを中心することも大事です。